FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとロガー付

みなさん お久しぶりです!!

最近怠慢が過ぎて、ブログはおろか仕事もロクに進んでいないのが現状です。そんな中めったに見ないducatiのwebsiteを見ていて、巷で話題(古いかも知れませんが…)の1098を眺めていました。
これって ロガー機能が標準で装備されるのですね~(-_-;) 
すごいかも知れません… 2Dユーザーの私としてはどんな機能が搭載されているか非常に興味があります。
サイトにもありますが、2Mバイト程度のメモリでおそらくLAPTimeも含めて基本的な部分はロギングできるんでしょうね~ TP RPM リアタイヤの車速などでしょうか???
サーキットでレースをしている人の中でロガーを活用している人って全日本を除いてそんなにいないのが現状(ST600はレギュレーションで禁止されている)ですが、これを機会にたくさんの人が使い出すと、レース談義の内容も変わってくると思います。
そこで、データーはおそらくUSBにログされるので、その信号を拾って携帯電話を使ってテレメトリーなんて楽しいかもしれません…こんな商品を誰か開発してくれませんかね~?
それと、ECUにはいろんな情報がINPUTされてきます。その情報を元にインジェクションやイグニションの情報をOUTPUTするのですが、いわゆるCAM情報を公開してくれたら、もっと高度な解析ができるし、レースモードでは、インジェクションだけでなく、進角もコントロールできるようなソフトウエアを添付してくれると、ロガーがもっと生きてくるような気がします。MOTECなんかでは、この辺の機能が当たり前に提供されているので一度ウエブサイトを閲覧してみてはいかがでしょうか? 解析ソフトなんかもダウンロードできますよ!!
純正ロガー


1098

スポンサーサイト

お疲れ様

冷却水が漏れてます

先日の練習走行で、何処からか冷却水が漏れ出してきました。 ためしにエンジンを始動してみましたが、アイドリング程度の回転域ではどうやら漏れ出してこないみたいで、場所を特定できません。状況や原因が特定できないので、当初予定していたマッピングのテストやら3.75幅のリムのテストも中途半端なまま終了です…残念ですがしょうがありません 以前変だな~って思いつつ調子の悪いエンジンを止めずに練習を続けていて、非常にまずい状況になった悲しい経験があります。調度 OH時期を迎えていたのでリフレッシュも兼ねてドック入りです。996RSさん今年もよい思い出をありがとうです。

帰ります。

消えてゆきます…

最近 私のブログ内容が消えてゆきます。 いっそ全部消えてくれると諦めもつきますが、過去3~4日分がなくなるという中途半間な状態なので、設定の不備かな~ もしくは悪戯 もしくはサーバーのトラブル いろいろ考えますが、所詮 私の戯言がほとんどですし、楽しみにしてくれている人もほとんどいない状況なので、勝手に消えながらですが、書き続けてゆきたいです。

先日 岡山国際にテスト走行に行ってきました。 来年に向けた最後の走行になりそうなので気合を入れて出発したのですが、なんだかなんとも、不完全燃焼な内容でした。今は仕事中なので 又後日ご報告を!!

それでは マタマタ~(^^)v

パソコンのセットアップ

今日は比較的まじめに仕事してます。

朝から協力会社に納めるパソコンのsetupをしていました。うちの会社は社内のdatabaseでfile管理やdata管理を統合しています。 当然各社員へ供給しているパソコンも標準仕様のBDEを搭載していて、その辺のセットアップやライセンス管理しているofficeのsetupなんかも行ってから、ちゃんと動くことを確認して供給しています。以前(win2kあたり)はOSごとパッケージにして、サーバーからリモートインストールしていましたが、同じパソコンでも仕様違いなどでトラブルが多発したため、めんどくさいのですが、1台1台セットアップとメンテナンスをしています。sそんでもって今日は久しぶりのトラブル発生でした!! 電源スイッチを入れてユーザー等の登録をしていると、ブザー音とともにシステムがダウンしてしまい 一瞬停電か?…って思いましたが、その他のパソコンは正常に機能しています。怪しいです。HDかMBか?とにかくハードに欠陥がありそうな気配でした。再度電源を入れてみましたが、しばらくすると同様にダウンします。自作時代なら 各パーツ特にHDとメモリを疑って違うHDを組んでOSを再インストールするのですが、この頃はDELLサポートを活用しているので早速電話してみました。すると最近この手のトラブルが多発していますとの事… どうやら静電気がらみの問題らしくメモリーを抜差ししてくれとの事だったので、本当にこんな単純な方法で大丈夫かな~って思いつつやってみると、メモリのスロットがDVDドライブの真下で結構大変でした。何とか抜差ししてみると見事に解決さすがです。でも新品のパソコンが箱から出して5分以内にこんな状態になったとしたら、普通のユーザーさんは怒るんじゃないかな~って思い質問(手際よく処理した自分を誉めてもらいたくて)してみましたが、サポートはいたって冷静だったので最近は一般の人もメモリを抜いてくださいって言われて冷静に対処できるんだーって変に感心してしまいました。そういえばこの前買ったz61tのメモリ増設も普通の人には結構ハードルが高いような気がしましたが… ひょっとして私が思っているよりパソコンを普通に使っているユーザーってメカニカルトラブルに強くなってきているのかも知れません!!パソコンなんかも含めて、あらゆるシステムやハードは使う人とそうでない人の格差が大きくなって専門化してきているのかも知れませんね~ (~_~;)
GX520

GX520メモリ

やっちゃいました。

やっちゃいました。 クラッチスプリングを止める細いボルトをねじ切ってしまいました。加減を知らない いえいえメンテナンスが苦手な私は、いつも面倒を見てもらっているプロのメカニックから普通に動いている間は触るなよ!って、いつも言われます…そうです 壊してしまう事がよくあるんです。ごめんなさい(-_-;) もうしません… 自分を責めてももう元には戻りません。しょうがなく電話でボルトの注文をと思いましたが、そういえば ずいぶん前にスーパーモノ(DUCATI)のクラッチスプリングを変えたときにメッキのボルトに変えたっけ… ガレージの工具箱を漁っていると、ありました。 懐かしの部品が…黒いリテーナーと黒いボルトが、感動です!!今となってはこんな素朴な処理の方がかっこよく見えます。1995年いやもっと前からDUCATIってこの辺の部品は本当に変わってないんだな~ってちょっと関心しました。 いえいえ無事に作業が終わってほっとしました (^^)v
ねじ切った

クラッチトラブル

皆さんどうしてます重いクラッチの対策

昨日の夜 748RSのクラッチスプリングをセットしていました。748RSのクラッチスプリングは、アエラ製のバネレートの低いタイプに交換しています。 と言うのもDUCATIのRS全般に言えることですがとってもクラッチが重いんですよね~ 特にマスターのサイズを16*18あたりにするとあんまり切らなくてもよい代わりに重さがダイレクトになって10周もすると手がパンパンになってしまいます。握力をつけるべくトレーニングもしてみましたが、やっぱり意志の弱い僕はモノに頼ることにしました。最初はクラッチピストンを某ショップからリリースされているモノに変えて見ました。かなり軽くなってよいのですが、レーシングスピード(私のレベルなので大したことはないですが)で数周も走るとクラッチが切れなくなってきます。多分絶対ストローク量が足らないのでしょう!だんだんシフトダウンの操作が硬くなってきますし停止した状態でニュートラルがなかなか出ません!! そこで、今度はマスターを16*16にしようと考えたのですが、ちょっとお高いので 問題はあると思ったのですが、バネレートの低いスプリングに変えることにしました。999なんかにつけている方に聞いても滑った事はないらしく748ぐらいなら大丈夫と思いつけてみました。 確かに軽い ずいぶん軽い ホントに大丈夫かなって思うぐらい軽いです。 スリッパークラッチ(構造上はなんら問題ないはず)に問題は出ないかな~って心配しつつ、仮組から本組へ移った時 やっちゃいました・・・・
クラッチスプリング


クラッチマスタ

ダッシュボード 続き

以前 書いたダッシュボードの続編を書きます。

今回はMT300っていうダッシュボードですが、これは748RSに標準で付いてくるタイプです。 シンプルでなかなか良いデザインですが、タコメータの目盛りが5000rpmからしか目盛られていないため、ダッシュ右側のファンクションボタンを操作してデジタルタコメーターを表示してウオームアップしたりします。 ウオームアップ中は水温や油温 電圧なんかも見たいので、ポチポチ押しながら表示を切り替えてやってます。ちなみにずーっと押したままにしておくと、設定画面に切り替わります…が、設定内容が不明なので元に戻らなくなる可能性があります。 以前MT940の話をしたときに、DUCATIスペシャル設定のダッシュが付いていると話をしましたが、これもそれに近く、ECUからのCAN情報で動いているわけでなく、ほとんどがINPUTチャンネルに各センサーの信号を受けて動作しているようです。つまり各センサーのキャリブレーションが取れていないと、正確に表示できないので再設定モードにすると元に戻らないかもしれないというわけです。 
それから このダッシュのメーターですが、おそらく今 主流のステッピングではないような動きです。なんだかフワフワと動くので、電機式になった当時のタコみたいで、懐かしい感じもしたりしますが、走行中はちょっと見づらい感じです。 
なんとも味のあるパーツをたくさん使って、構成されたDUCATIのコルサですが、特に興味深いのが、ハーネスやコネクタ ダッシュボードなど地味な部分にすごいパーツを使って仕上げてあるのが拘りかも知れません。
MT300 2

MT300

Z61t買いました。 カスタマイズモデルです。

随分前にパソコンを買ったのですが、最近やっと届きました。

以前から使っていたX40のネットワークボードの調子が悪くて、通信が切断されるトラブルが多く、困っていました。新しいECUのSRT-Eの設定はLANポートを使って行っています。以前のECU MF3-SはOSがMS-DOSで設定もGTB-365とMF3っていうソフトウエアをMS-DOS上で動かして行っていました。通信ケーブルもシリアルポートを使うタイプで、最近のノートパソコンでは対応しかねていました。もちろんパソコンも専用に中古品(シリアルポートあり)を購入して使っていたのですが、バッテリーの寿命が尽きていて パドック内をACアダプターを差し込んだまま延長コードで引張り回すという荒業を繰り返していました。ECU変更によってこのたび晴れてZ61t 1台でセットアップからログ解析まですべて済むような感じになりそうです。でもZ61tは比較的大きなディスプレイでデーター解析できるので便利なのですが、とっても重いです。出張で持っていくのはちょっと…って感じですね~(-_-;)
Z61t cust2

Z61t

...続きを読む

GOODBYE MT940

今日は ダッシュディスプレイの話をします。
でも ネタが少ないので早々に終了しそうですが…

写真は新しく購入したMT940っていうマレリのダッシュです。
もともと 996RSにはこれと同じダッシュがついていたのですが品番にMT940-Dとあり おそらくDUCATI専用なのでしょう。DUCATI専用にチューニングをうけたECU MF3-Sから受け取る情報と車体のセンサーから直接情報を受けるインプットチャンネルのみを装備し現在使用しているSRT_59というECUでは、うまく動きませんでした。 それに純正部品のプライスがとてつもなく高く 設定変更を背面のディップスイッチやファームウエア使い行ってしまうと元に戻らない可能性がありました。 しょうがなく購入したのですが、正解でした!ECUのCAN情報を受けて表示情報をコントロールでき LAPTIMEは無論 AFや点火進角まで表示可能です。 現在はウオームアップと走行中に必要な情報を使い分けて表示しています。

こんなMT940 デザインもすばらしいし、フェラーリのF360チャレンジなんかにも使用されていたのですが、残念ながら製造中止になったみたいです。   ほしい方は 早めにご注文したほうがいいですよ

                      GOODBYE MT940
MT940

...続きを読む

岡山国際SCテスト行ってきました。

 今日はECUのセッティング出しに岡山国際サーキットへきました。
朝方は 小雨交じりで大した走行はできなかったのですが、2本目
は雨もやみ ドライで走れました。
 
 懸念されていたアクセルの付き始めと8500RPM付近の鈍な部分
は上手く改善できたと思います。

 ここから 過度特性を改善して来シーズンにつなげたいです。

それではマタマタ~(^^)v

走行前

テストです。

初めてなんです(-_-;) ごめんね

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。