FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1098はエントリーなし

デイトナのプレエントリーリストが公開されていました。
懸念されていた1098は今のところエントリしてないみたいです。 ただアメリカのレースって飛び入りありの何でもありなので安心はできませんが… 今のところ注目するライバルは
PETE STRUNK   06 Buell XBRR
MARK HATTEN   Ducati
TIM KEANE    00 Bimota SB8R
SADANORI HIKITA 97 Sundance H D
ってところでしょうか?

MARK HATTENさんとは2005年にトップ争いをしてます。
でもあの時は748RSだったので今回の996ほど早くありませんでした!それでもトップスピードは同じぐらいだったので期待できますね!!
私の感覚からするとBimota SB8Rあたりが早そうですが、このマシンって結構扱いが難しいんですよね~ Buell XBRRも同じで去年のようにマクウイリアムスのライディングでファクトリー参戦となるとちょっと…難しいかもしれませんが、一般ライダーではメンテナンスサイクルが恐ろしく短いXBRRですからちゃんと性能を発揮できていると思えません!
そして匹田選手のSundance ですが、全日本250時代のスピードはすごかったので、侮れませんね~

っと なんだか今から楽しみです。
エントリーリストはこちらから
http://www.ahrma.org/previews/daytona_pre-entry_list.pdf
スポンサーサイト

ツナギ作りました。

皆さん お久しぶりです!!
久々に更新したいと思います。 去年の終わりごろ注文していたレーシングスーツが出来上がってきました。
 以前着ていたものは 2001年に作ったもので、結構気に入っていました。なにせ一度も怪我をしたことがなかったツナギでしたのですばらしい仕事をしてくれたと思います。ただ長い間使っているとそれなりの状態になってくるもので、そろそろと思っていました。(ツナギさん 長い間守ってくれてありがとうございます!これからはちょくちょくですがよろしくお願いします。)長い間 D社製のツナギを着ていましたが、今回は浮気心も手伝ってH製にしました。 噂どおり抜群のフィット感です。それでいて動きやすい これは新素材も含めてシャーリング等が絶妙ところに配置されているからでしょう!!立ち姿も猫背の僕にしてはなかなかです。(写真は恥ずかしいので乗せませんが…)ただ 袖を通すまでが大変で…そうフィット感を追求した裁断なので開口部も含め着るのが大変です。そのため体の硬い僕にはちょっとした苦労を伴います。 今まで見たいに5分前に着替えてなんて事は不可能かも知れません… そんなところも含めてデザインカッコよく仕上がって満足な一品です。
newツナギ1

newツナギ2

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。