FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1見ました

昨日のドカッとRUN 参加の皆様 お疲れ様でした!!

ピンポイント雨男と言われている私ですが,ここまでヒットすると気持ち悪いものを感じます…走行した4本とも走り出して3周目から小雨がパラパラと落ちてきました… 路面の色も変わりだしそうな気配なので切り上げるととたんに青空に…本当にすごいと思います!!
どなたかこの特殊能力をお金に変える手段をご存知の方 
kasai@tamtec.co.jp まで メールください!!

とは言え 916でのサーキット初走行 なかなか楽しかったです!!
ピーキーな感じですが,開けはじめのレスポンスは絶妙でした(^_^)v
インジェクターがバタフライの前方にあるのって,この辺の良さが出るのかも知れません… タイムはベストで43秒台でした。もう少しタイムアップできそうです!!この辺の考察は引き続きこのブログで紹介します。

ところで 冒頭のタイトルにありましたが,M1が岡山国際に来ていました。テストでしょうね~ 
思ったより大きかったです。テスト項目は分かりませんが2台の内 1台は雑誌なんかで見るM1でしたが
ちょっとアーティスティックに撮れてますが…
なんとM1

ブラックでおそらく特殊な表面処理を施されたフレームが印象的です。
ヤマハファクトリーSPLエンドバッフル
 SUSとブレーキのコネクタ処理がカッコイイ

そしてもう一台 アルミの地肌そのままです。仕上げや下処理もまだの状態… しかもフレームとスイングアームピポッドの溶接面が地面とほぼ平行に溶接されています。もう一台は見慣れた溶接箇所でフレームに対してほぼ直角にピポッドに接合しています。
文化祭1

おそらくフレーム自体が新型なのでしょう!!この辺の溶接箇所を変えて接合延長を伸ばした意図は不明ですね~ ひょっとして噂のニューマチックバルブを使った大きなヘッドを抱え込むためにフレームを作り変えたのかな~なんて思ったりしました。プレス整形っぽいフレームなので,ちょっと懐かしいヤマハのファクトリーマシンを思い浮かべます。
その辺を中心に 写真を撮りまくっていると カバーをかけられてしまいました… ただその後 ダミーのタンクカバーを外してエンジンをかけていたのと,見慣れた構成(マレリのレギュレーターとECUが載っていた)だったし,ニューマチックのようなバルブを持ったエンジンだったらもっとセキュリティーが厳重かな~って感じたので,おそらくフレームだけ変えたのでは?って 感じがします。
マタマタM1

最後にいまだにヤマハってサイレンサーエンドカバーが軍手なんですよね~ これって伝統???
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。