FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重いことは悪いことばかり…

皆さん ご無沙汰しています!!
地方は不景気を通り越して恐慌に近い状態になりつつあると思いますが,皆さんどう思いますか? これ以上 おかしくなると暴動なんか起きたりして…ネガティブな発想に事欠かない 今日この頃です(~_~;)

9月からこっち 916ばかりで走行していますが,色々新しい発見をしました。 それは重さに関する問題です。!! 最初乗り出しは200kg近い重量に立ちゴケしそうになったりして,こんなに重いのに,ちゃんライディングできるか不安でした。なにせ748RSより20kg 996より30kgは重いのです… 特にブレーキの初期制動が弱い印象を受けました。また鈴鹿では全然バイクが起きてきません… S字の切返しやデグナー・スプーン進入は本当に大変で,クラッチの重さと共に苦しめられました。でも慣れ親しんだ岡山国際では,クラッチの問題(重いのを除く)が解決すると制動に関するネガはかなり小さくなり 鋳鉄ディスクと専用パッドの持つコントロール性の良さ(握り代は大きいがその分コントロールしやすいのでかなり深いバンクまで握っていけます。)とあいまって,高いスピードでコーナーへ飛び込んでいけるような印象です。それにどうやら重量があるということは,コーナーリング中に車体を安定させるような要素があるのではないでしょうか?確かにタイヤなどへの負担は大きいと思いますが,素人が掛ける荷重の弱さ(サスペンションやタイヤに仕事をさせる上で)を補う傾向があるように思います。その事が扱いやすさを生んでいるよな印象でした。よい意味で全体的に緩慢なのです(^_^)v
当初 
1,996という排気量から出る大きなトルク 
2,ピーキーな印象のエンジン 
3,重たい車体 
4,古いブレーキシステム
そんなネガティブな条件からオールドスタイルで走らなければならないと思い込んでいました。
でもその逆 あまり深く考える必要はありません 素人がコーナーを攻めるやり方で自然にタイムが出るみたいです。ライダーの期待値どおりのイメージで早く走れる!!
996RSなど非常に高度なレーシングマシンも916の延長線上ですがもっと難しい走りを要求されます。748RSも同じ傾向ですね!!
どうやら車体設計が無茶苦茶高いレベルで完成されていて,払出状態で重くしておく事によってシビアさを消しているのだと思います。エンジンも確かに特定(7000RPM)の回転域から急激にパワーが出るみたいですが,高速コーナーで失速しそうな時 アクセルを当てると上手くリカバリー出来る特性になっています。
2D解析

2Dモスエスからバックストレートのカットです。赤いラインが916青が748です。一番下のTPの波形916のほうがアクセル開度が小さいし消極的ですが最後のつじつまがあってスピードが乗ってますよね~
これってすごいことだと気がつきました。同じタイミングと傾向でアクセル調整しても748より916のほうがスピードの乗りが良いのです。排気量の差と言えばそれまでですが,失速しにくいって言うのは安定している証拠!!この辺は996RSだと怖くて開けきれませんし,748RSだと失速しそうだと思った時にはもう遅いです… 
すべてが緩慢!!
重いって事はそんなに悪いことばかりではなさそうですね~!(^^)!

写真は 916ノーマルサスと996RSサスです。ボディー形状が違います。
もちろんトップアウトスプリング付き 減衰特性もレーサーのそれですが,伸圧とプリロード調整ぐらいしか出来ません。(他は必要ないんでしょうね~)
リアサス


この経験を基に996RSに以前から試したかったモデファイを施します。そのアイデアとは…
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。