FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラクションコントロール

先日 1098R発表されましたね~
1098R



1198CCで、チタンコンロッド って事は、クランクシャフトもかなり軽量化されたタイプなんでしょうね!(>_<) SBKのレギュレーションでコンロッドやクランクシャフトの変更は認められなかったと思うので、この辺りのクオリティーは高いと思われます…でもスロットルボアは50mmに制限(BSBは制限なし)されてしまうのでしょうか? そうなると、伸びのないエンジン特性で、それにあわせたカム形状だとすると ちょっと…って感じです。 ただ190PSとも言われる最高出力が魅力的ですよね!! さすがにメーカーもこれだけの大出力をコントロールするためか!?それとも世の流れか? トラクションコントロールなるものをくっつけてきたみたいです。 8モードって事は8種類の中から選べるって事かな?ポルシェやフェラーリが採用しているような、安全装置みたいなものですかね~ タウンとかハイウエイとかスポーツとかカットまで… でもレース用ECUに変更した場合ってあるので、ひょっとすると、もっと細かい仕様かも…夢は膨らみます。
一応 現状で考えられる(知られてる)トラクションコントロール)は
1.前後車速から後輪のスリップ率を計算して、設定されたポイントに到達したら、点火カットや燃料カットを段階的に行うタイプ。
2.上記条件でドライプバイワイヤでTPを制御するもの
3.回転上昇率で点火 燃料を制御する方法
4.上記条件でTPで制御する方法
5.ドライプバイワイヤでギアポジション別にスロットル開度を制御する
などです。 一時MOTOGPではGPSやサスペンションストロークやジャイロセンサーなどで、バンク角やコース位置なんどで、スリップ制御するなんて話を聞きましたが、レース期間は時間がタイトだし不確定要素の多いタイヤや路面・天候やレース展開によっては、折角のプログラムが機能しないなんてことも考えられます。
多分 3.4.5番の併用でコントロールしているのでしょう!!OFFから上昇率の高い方向へ何パターンか作って,スイッチで選択できるようにして,ライダーさん選んでください!!って事だと思います。
でも1098Rって電スロなのですか???

私も来年は上記:3の方法でトラクションコントロールのプログラム作ります。(996RSはドライプバイワイヤとギアポジセンサーが付いてないので…) 仕様やデーターロガー解析結果は、このブログで公開しますね!!
それではマタマタ~

スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。