FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEMESISテスト3

なんだか急に寒くなってきました
完全に冬ですな~

昨日は,走る主催者で,最近メキメキと実力を発揮してきた横部さんのテストと,NEMESISの走りを間近で観察するために,岡国へ行ってきました。

現地はもう それはそれは寒い寒い… こんなに寒くてタイヤはグリップするのですか?って感じですが,早速 良い勢いで走っている人 発見… Y田選手じゃないですか?CBRでも速いですね~ 器用さならおそらくNo1だと思います…

ところで,本日は1098Sのテスト…前回 悪天候に邪魔されて充分なテストが出来ていませんでした。今回はライダーをM口さんから横部さんへ 当然ライディングスタイルが違うので,コメントも違ったものになります。
気温の関係と,3時間以上走行したタイヤで走行しました。
レブ特性は良いけど,開け始めが唐突で,グリップが逃げてしまう… 押出し感があってストレートスピードが速くなった って事でした。
2本目は,僕が916で,その走りを観察します…付いていけたらいいですが… トップスピードが速いってコメントでした,どの辺りが速いのか興味が沸きます。 とりあえず僕先行でコースIN 結構飛ばしてみます。42秒台でしょうか?数周すると1098がバックストレートで並んでくるではないですか!! ちょっとびっくりです。
先に行かして観察するつもりが… 猛烈な勢いで逃げていく…!!ちょっと待って(ToT)/~~~  僕のSPS バックストレートでは241km程度のトップスピードを発揮します。 これってMT1クラスでは結構速い部類で,抜かれたりする事はありません…それが 最終コーナー立上りで後ろについても10~20m程度離されてしまいます。4気筒のように最後に伸びていくような感じ(スリップにつき易い)ではなく,シフトアップの度に離れていく感じです…
トルクの差が大きい しかも伸びきりも悪くないようで,ブレーキで並ぶほど詰めることは不可能です。
ただ 欠点もありました。横部さんはスムーズにコーナーに進入するライディングスタイルだと思います。 変な挙動を嫌って,体を大きく動かしたりしません でも 予想に反して進入ではガックっと減速してから旋回に移っているようです。どうやらこの辺で苦戦している感じです。 ピットに帰って聞いてみましたが,やはり進入時にガクッてエンジンブレーキが効くような感じで,スムーズにバンクできないって事でした。今まではオンガス状態ばかりに気を取られていましたが,オフの時の特性が悪いらしいのです。 ただノーマル時よりは若干改善しているとの事でした。早速僕も試乗して確認してみましたが… Y田選手ほど起用じゃない僕は正チェンジのバイクに慣れることが出来ず ギブアップ!壊してしまってからでは遅いですからね~(-_-;) ただ言ってる事は確認できました。 早速マップを変更 全閉時の開度 3.5付近を増量してその付近の回転の戻りを悪くしてみます。 コメントは雨が降り出してペースアップできなかったのですが,それほど改善できてないみたいです。 もうひとつアイデアがあったのですが,時間切れで終了となりました。
この手の問題は748や996でもありました。2001年モデルのレーサーにはアイドリング調整のつまみが付いています。これってアイドリング回転数のセッティングが,必要だと言うことです。つまり足回りはもちろん電気的な,部分の設定では誤魔化し切れない部分 もしくは妥協する箇所かも知れません… 次回はこの辺の変更も含めて改善していきます。

でも これで進入まで速くなったら,39秒前半とか軽く出そうですけど…それって速や過ぎない??? 山○選手のMT1の提案が頭をよぎるかも…でも新陳代謝が必要な時期もありますからね~


スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。