FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No1を諦める決断

超 久しぶりなエントリーでごめんなさい・・・
先日のモトレボお疲れ様でした。

私は 最高の特等席からトップグループの熱いバトルを観戦できて
とても楽しかったです。って… 出来ればお仲間になりたかったのですが
必死に走って なんとか付いて行けたという感じでした…
次回は やま○よ選手のようにレースをコントロールしたいですね~

 実は最近仕事もなく 毎日のように事業仕分けの中継を眺めています。
仕事柄 スパコンの仕分け風景(チョイ古いか??) に興味と なんとも寂しい
気持ちになってしまいました。
まあ スパコンに技術革新がないって事ぐらいは この世界で生きていると
分かりますし 使い道が少ない売れない品物って言うのも分かります・・・でも
ネガティブな発想だけで諦めてよいのでしょうか?

スパコンの開発競争って物量で最終勝負が決まるレースの世界と同じだと
思うのです。
つまり 情熱と夢に莫大な資金をつぎ込む人たちでないと到達できない
F1やMotoGPと同じだと思うのです。(ちょっとムリがあるかな・・・)
最近 トヨタもF1から撤退を表明し BSもタイヤ供給をやめる決断をしました。
これって、スピードという 物差で計って一番にならなくても良い
という決断なのですよね~ ルールが複雑で技術的にも意味がないF1やMotoGp
の開発はやめて経営資源をその他に振り向ける決断なわけです。
役員会等で議論した結果… そうなったのですから仕方ありません!!
でも 本当にこれで良いのでしょうか? スパコンも同じです。
現実はプレゼンテーションの意味合いが強いですが、1番になる為に開発を続ける事に
意味があると思うのです。
メーカーや研究所で開発に関わった人たちが、その昔志した夢を諦めるのは
容易ではなかったと思います。 また 日本の技術力に私のような一般人も誇りを持っています。
今後 何が大切か分かりませんが、優秀な人たちが、開発に関われる環境が
日本から消えて行くわけです。

民○党の先生のように 世界が友愛で結ばれ
徒競走に全員手をつないでゴールする世界が来るとは到底思えない今日この頃です!!

自分
スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。