FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッティング変更その後・・・

ECUのセッティング
悩みますね~ お客さんをはじめ、私が関わったライダーは幸か不幸か?皆さん優秀で、ちょっとした違いを嗅ぎ分けて、フィードバックしてくれますが・・・ 自分自身のセッティング能力に感しては疑うほかありません・・・(-_-;)
その時の気分しだい・・・って言うか、結構コロコロ変わってしまいます。
その辺もあって、データーロガーを投入した訳です。

データーロガーって言う品物は、非常に冷酷で…努力を誉めてくれたりしません(ToT)/~~~
それよりも、自分の記憶以上にダメダメな自分を表現してくれたりします。
あれ…(~_~;) ストレート全開のつもりですけど…とか
フルブレーキのつもりが、液圧はそれほどでもなかったり・・・

最近はデーターロガーにどう写るのか考えながら走ってたりして…
その結果 ラップタイムが安定したりもします…
まあ 改善点を明確に示してるって事は確かでして… 潔く欠点を認めてしまえば、其処を直すことに(頑張る?突っ込む?我慢する?)よってタイムを削って行く訳です!!
過去に自分の走りを解析して気づいた事は… マシンの問題で、遅くなった事は、ありません…断言できますね!! 壊れた事はありますが、それとて僕の操作が原因です…
つまり ライダーの操作に問題が多いって事ですね~
ベストタイムと比較して…アクセル開度とか、ブレーキの位置とか バンク角とか
何処か問題があります。もちろんセッティングもありますが、とりあえず、過去のベストを
再現してから、更なる速さを追求すべきで、その為のセッティングだと思ってます。
そんな訳で、デイトナは足周りもSTD ECUもSTDで、去年のベストを初日で出す!!事を先ず考えて、それから例のセッティングを試して行きます。
996RSのECUですが、当初のMF3S
MF3-S

から、SRTって言う最新のECUへ変更してます。
SRT_DL32_2


こいつは、デュアルラムダやトラクションコントロールなども、搭載していてしかも、データーロガー付きです。INPUTチャンネルだけでなく、OUTPUTのチャンネルもログする優れもので、途轍もないポテンシャルです。これより上位機種はマーベルって言われているタイプで、それこそMotoGpスペック・・・になります。
 
ECUのロガー機能を使って解析しました。
WINTAX


今年こそは、300km/h 出したるで~


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://no88ducati.blog82.fc2.com/tb.php/108-a71a0b6d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。