FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M4設定用EMPをXP環境で起動させる!!

ハーイっ 続けて投稿します…
そう 待ち時間が異常に伸びて困ってます!

最近 M4を使う仕事が舞い込んできました… 今更M4か???って感じですが
DOSで動くあれです… 起動させた時 学生時代にPC98で起動させた一太郎思い出しました…
で! こいつを設定するにあたり MSDOSを実行できる環境を作らなければなりません・・・
現在手持ちのパソコン環境といえば W2K XP VISTA …

これらのOSで MSDOSのソフトを起動させるには エミュレーターを使用します。
コマンドプロンプトって言えば プログラムのアクセサリーにありますよね!
32bit上に仮想で16bit領域をたてて そこで プログラムを実行させるわけですが
この領域のメモリは640k... えっ640k 640Mじゃなくて640キロバイト
なのです。 MoTeCを起動するのに必要なメモリー領域は約520kなので問題ない
思いますが、インストール後 やはり起動出来ません・・・・

コマンドプロンプトで「mem /c |more」を実行すると
Total FREE : 463088 (452.2K)
で やはり メモリー不足です。

そこで  c:\windows\system32\config.ntに記載されている内容を
ノートパッド等のテキストエディタで変更しました。
変更まえ
device=%SystemRoot%\system32\MSIMEK.SYS /A1
devicehigh=%SystemRoot%\system32\MSIMEI.SYS /D*%SystemRoot%\system32\MSIMER.DIC /D%SystemRoot%\system32\MSIME.DIC /C1 /N /A1

変更後
rem device=%SystemRoot%\system32\MSIMEK.SYS /A1
rem devicehigh=%SystemRoot%\system32\MSIMEI.SYS /D*%SystemRoot%\system32\MSIMER.DIC /D%SystemRoot%\system32\MSIME.DIC /C1 /N /A1

これで 再び コマンドプロンプトで「mem /c |more」を実行すると
Total FREE :588896 (575.1K)になりました。
起動できる可能性UPですね!!

って早速起動
起動してみた
って 動いているみたいだけど何か変だ…
これは 多分コードページをUSモードで実行すれば実行できたソフトウエアもあったので
早速変更
USモード

これで起動できるはずです。
起動完了
起動できたみたい…

編集も可能ですが アジャストに移行する際にメモリーが少ないって表示が一瞬でますね~
編集

M4を購入予定されているあなた!
PCの調子が悪くなっても自己責任でチャレンジしてみてくださいな!!
で、 あとはエミュレーター上で起動しているDOSアプリが シリアルUSB変換
アダプタを認識するのか ちょっと不安かも・・・

次回は 3Mの起動領域を確保しなければならない MS3S設定用ソフトウエアを
VMウエアを使用して仮想MS-DOSパソコンを立てて実行できるかチャレンジ
します。 でもMS3Sって 世界で何人使っているんでしょうか?
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://no88ducati.blog82.fc2.com/tb.php/134-ef290f40

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

教えください。
お勧めのA/Fセンサーがあれば教えてください。
AIMとかパワコマなんでしょうか?
すみません。

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。