FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんどうしてます重いクラッチの対策

昨日の夜 748RSのクラッチスプリングをセットしていました。748RSのクラッチスプリングは、アエラ製のバネレートの低いタイプに交換しています。 と言うのもDUCATIのRS全般に言えることですがとってもクラッチが重いんですよね~ 特にマスターのサイズを16*18あたりにするとあんまり切らなくてもよい代わりに重さがダイレクトになって10周もすると手がパンパンになってしまいます。握力をつけるべくトレーニングもしてみましたが、やっぱり意志の弱い僕はモノに頼ることにしました。最初はクラッチピストンを某ショップからリリースされているモノに変えて見ました。かなり軽くなってよいのですが、レーシングスピード(私のレベルなので大したことはないですが)で数周も走るとクラッチが切れなくなってきます。多分絶対ストローク量が足らないのでしょう!だんだんシフトダウンの操作が硬くなってきますし停止した状態でニュートラルがなかなか出ません!! そこで、今度はマスターを16*16にしようと考えたのですが、ちょっとお高いので 問題はあると思ったのですが、バネレートの低いスプリングに変えることにしました。999なんかにつけている方に聞いても滑った事はないらしく748ぐらいなら大丈夫と思いつけてみました。 確かに軽い ずいぶん軽い ホントに大丈夫かなって思うぐらい軽いです。 スリッパークラッチ(構造上はなんら問題ないはず)に問題は出ないかな~って心配しつつ、仮組から本組へ移った時 やっちゃいました・・・・
クラッチスプリング


クラッチマスタ

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://no88ducati.blog82.fc2.com/tb.php/6-85019b67

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。