FEEDBACK

D級ライダー サンデーレース参戦記

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEMESIS

続いて更新します。 そう…昼からちょっと暇かも知れません…
先日 私がDUCATIマニアだからでしょうか?レイクラフトの原澤さん(http://www.raycraft.jp/aboutus/aboutus_index.html)が,あるものを貸してくれました。それはNEMESIS(ネメシス)というECUです。MMコンペティションシステムズという会社(イギリス)が提供している製品で,996R 998R 998S 749/999シリーズや1098にカプラーオンで搭載できるスグレモのです。
そう59M ECUと交換するタイプのECUなのです。
誤解をしないように補足すると,サブコンなどのように擬似信号などで補正したりするものではありません!!専用に開発されたECUなのです。(マレリのマーベルやSRTと同じカテゴリーです。)
写真が暗くてごめんなさい (-_-;)
メネシス1

ライスポ読者なら広告が載っていたので概要は確認していると思います。 これの優れている所は例の鍵穴型メーター(1098用も可能)がそのまま使えるって事(コストを抑制できます)レブリミット解除などなど色々ですが,それ以上にバイクに特化したECUプログラムが行われていることだと思います。一般に市販されているMoTeCやマレリSRTなどは,色々なエンジンに合わせられるように様々なオプションを搭載しています。優秀なエンジンチューナーならそれらを使いこなして新しい領域を開拓できるのですが,バイクの特性(ライダーが求める方向性)にあわせるのはかなり難しい作業です。
その1例として,高回転時にアクセル(TP)を0%(全閉)にした後 再度アクセルを開けようとした時に,起こるドン付きすなわちハードスナッチを如何に抑えるかって事があります。アクセル加速度によって燃料を補正したり ある回転域の開け始めで,ADVを遅角させる等色々ノウハウがあるのですが(素人なりですので参考にしないでね(ToT)/~~~),ネメシスはカットオフの設定が可能になってます。 復帰ポイントをずらしてハードスナッチを抑える仕組みが搭載されていました。 これってすごいですよね~ またラム圧いわゆる高速時のエアボックス内の圧力上昇の補正が可能になってます。(INJ ADV共)しかもTPと速度によるテーブル設定が可能で,ある速度域以上で,しかも全開時のみ 増量したり遅角したり設定できそうです。その他 色々遊べそうな機能満載かも…
早く試したいな~ でも59Mの付いたバイクなんて持ってないぞ~ 誰か貸してください…お願いします!!m(__)m

NEMESISの詳しい情報はこちらから確認できます。
http://www.raycraft.jp/products/products_index.html
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://no88ducati.blog82.fc2.com/tb.php/75-f148c2b9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

カットオフ復帰ポイントINJ ADV

だめです!ほとんどわかりません!
説明できるk井さんすごすぎです~

  • 04/10/2007
  • かっぱ SPS/F ♦-
  • URL
  • 編集 ]
次回のモトレボで説明します。

T本さん 早速のカキコありがとうございます。 1098か749 もしくは999あたりの車両があれば,取付して体験可能です。T本さんレベルの早いライダーなら面白いインプレッションが聞けそうですね~

  • 04/10/2007
  • K井です。 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。